ダイヤ書房グループは
本と学校の総合ソリューション企業として
世の中に貢献してまいります。


 私たちダイヤ書房は1970年11月、札幌市にて約20坪の小さな町の書店として産声をあげました。
以来、雪が降る地方では難しいと言われていた北海道初の郊外型書店、学校外商への参入、バーゲンブック事業の立ち上げなど、時代の変遷とともに様々な「挑戦」と数々の「失敗」を重ねてきました。

そんな私たちが描いているビジョンは、日本一の「学校と本の総合ソリューション企業」です。

企業理念である「人、モノ、情報を繋いで、新しい価値を創造する」ことから、学校や教育業界をはじめとする、社会の問題解決をし、貢献する。
それは、教科書の販売であったり、生徒の進路に関わることであったり、デジタルシステムであったり様々です。
それらを親身に引き受け、粘り強く取り組み、お客様にとっての価値を創造してまいります。

先人が築き上げた事業や経験した失敗のうえに、私たちはこれからも様々な「挑戦」を重ねていきます。
引き続き私たちダイヤ書房グループにご指導、ご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ダイヤ書房
代表取締役 山田大介